• ふれあいネットワーク

ブログをご覧のみなさん、こんにちは★

平成29年12月26日(火)

みどりヶ丘保育園において、防災紙芝居の読み聞かせを行いました。

地震が起こったら・・・どうするの?

火災が発生したら・・・どうするの?

保育園の先生方の指導の下園児のみなさんが、避難訓練を行いました。

そんな中で、園児のみなさんは防災紙芝居を真剣に聞き取り紙芝居の問いかけに対して行動する意味を考えてくれました。

一生懸命考えてくれた様子が伺え、災害の怖さと先生のお話をきちんと聞くことの大切さを学んだことと思います!

もしかすると、大人より落ち着いて行動できるかも?と感じるくらいです。

幼少期から、防災の知識や訓練を行う事は「命」について考え「自助・共助」を考え周りの人を大事にすることにも繋がることでしょう。

八重瀬町社会福祉協議会 防災担当★