• ふれあいネットワーク

一時的な資金の緊急貸付のご相談に関するご案内

 

※4月30日から、新型コロナの影響に伴う緊急小口資金の特例貸付の申込制度が変わりました。

・借入限度額は20万円以内になりました。世帯人数などの要件が無くなり、希望者は20万円まで借入を申し込みできます。
・今回の特例貸付で緊急小口資金を借入している世帯も合計20万円までは追加で借入が可能です。
(必要書類が異なるので、希望者は一度電話でご相談ください。)

※すでに緊急小口資金借入が10万円の方 ⇒ 追加で10万円の借入が可能
すでに緊急小口資金借入が20万円の方 ⇒ 追加の借入はできません

労働金庫(ろうきん)でも緊急小口資金の申し込みができるようになりました。
※詳しくは最寄りのろうきん店舗にお問合せください。

 

相談対応時間

平日(月~金):午前9:00~11:00 午後13:00~16:00(最終受付)
お問い合わせ:098-998-4000(八重瀬町社会福祉協議会)※土日祝日休み

※発熱や咳など、かぜの症状がある場合や2週間以内に県外や国外へ渡航歴のある方の
来所相談は、お控え下さい。電話相談対応となります。
※来所相談の際は予約優先となりますので、事前にご連絡ください。
※新型コロナウイルス感染症が原因により収入減・収入がなくなった
・無職になった方などが対象。(1世帯1回限り)
※八重瀬町在住の方。


パンフレットダウンロード→ 

※沖縄県社会福祉協議会のホームページより
緊急小口資金等の申請様式をダウンロードしてください。

https://www.okishakyo.or.jp/ ←クリック

貸付申請時に必要なもの(八重瀬町社協の窓口に持ってきてもらうもの)
1. 住民票謄本(本籍地が掲載されているもの)
2. 身分証明書類
  運転免許証・マイナンバーカード・パスポート・住基カード・健康保険者証など
3. 送金を希望する預金通帳
4. 減収を確認できる書類や資料、減収がわかる書類(減収前後の給与明細書)
・帳簿・取引減が確認できる通帳・エクセルとワードなどの印刷物も可

5. 印鑑(シャチハタ不可)
※前もって上記の申請に必要なものを揃えていればスムーズに手続きができます。

 

借入できない方

1. 生活福祉資金を滞納している世帯(連帯保証人含む)→相談対応はいたします
2. 自己破産者
3. 借入申込者及び申込者の世帯に属するものが暴力団員である
4. 本会が官公署から暴力団員該当性情報の提供を求めることに同意できない

※生活保護受給者は、福祉事務所の担当ケースワーカーにご相談下さい。