• ふれあいネットワーク

ブログをご覧の皆さん、こんにちは

平成29年度5月24日(水)・25日(木)

今年度の職員防災研修会を行いました。

今年度は、災害時の高齢者支援について知識を身につける。さらに、地域住民が

お互いに助け合い災害発生時の被災規模を最小限に留めるための最善策を考え、

社協職員として多方面で支援する知識を学ぶために本講習会を実施致しました。

主 催:八重瀬町社会福祉協議会

協 力:日本赤十字沖縄県支部

講 師:沖縄赤十字病院 事務部 参事

    大出 明美 氏

対 象:八重瀬町社会福祉協議会職員、関係機関職員

 

今年度は、沖縄赤十字病院の事務部 参事 大出明美 氏

が講師を引き受けてくださり開催することができました。

研修では、災害救助の分野で活躍されている現場の声が多く取り入れられ

実体験を基に講話をしていただき職員の心に響く内容となっていました。

支援の方法は違いますが、

マニュアル通りにはいかないこと

関係機関の連携がないと動けなかったこと

職員の初動対応の早さが迅速な救助に繋がった

など、医療現場の生の声が多く入っており、いろいろな角度から災害支援について考えさせられました。

 

今年度の研修会は、関係機関職員と共に学び

改めて、多職種の職員が一堂に会し研修会することで互いの活動を知り災害に対する取り組みや

課題の共有ができ防災支援に繋がると実感しました。

支援する側の「顔の見える関係」の重要性が大切だと感じる良い機会となりました。

八重瀬町社会福祉協議会 防災担当