• ふれあいネットワーク

 本会では、去る8月7日(水)から全7回コースで障害者「習字教室」が開始しました。本教室は、近年、パソコンの普及やデジタル化の進行に伴い、「文字を書く」機会が減少傾向にある中、「習字教室」を開催し、字を習うことを基本に正しい筆順でお手本通り書く、バランスよく整った字を書くことを学び、書き文字の力強さや魅力等、「書く」ことから期待される集中力・忍耐力・礼儀作法など様々な効果の習得を目指します。今回、約15名の方が参加されました。 

 講師は、書道師範の赤嶺利枝子氏が担当します。講座では、前半は基本の線の練習、後半は表装づくりやハンコづくりを行います。そして、最終的には講師の想いから「日々の暮らしで身に付け、いつでも心に残るような作品を」と、一人一人の習字筆、ハンコを押したTシャツづくりを予定しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

受講生の声

「目が見えないから不安~」

「習字は初めて、私にもできるかな・・・」

「習字教室の開催をずっと希望していました」など声もありました。

 最終的にどんな作品ができるのか仕上がりが楽しみです。作品展への出展を目指して、受講生の皆さん最後まで楽しく頑張りましょう(≧▽≦)